自賠責保険の補償内容とは?

加入必須な自賠責保険の概要

自賠責保険とは、自動車損害賠償保障法により定められた、自動車、原動機付自転車(バイク)に乗るときに、すべての車の所有者に加入が義務づけられている保険のことを指します。入っていないと車検を受けられない、法律で罰せられるなど厳しい規定がある強制保険ですので、必ず加入しましょう。また、自賠責保険の補償の対象は人身事故だけとなっていますので注意が必要です。事故相手の車が壊れたときの修理代や、自分が怪我をした場合の入院治療費、自分の車が壊れたときの修理代などは一切補償されません。

補償内容は次のとおり、死亡による損害は最高3000万円まで、後遺障害による損害は最高4000万円まで、傷害による損害は最高120万円までとなっています。各項目を詳しくみていきましょう。

損害の種類とそれぞれの詳しい内容

自賠責保険の「死亡による損害」とは、慰謝料、逸失利益、葬儀費の3つを指します。これら3つの項目の合計額を死亡による損害とし、最高3000万円までの保険金が支払われます。合計額が3000万円以上となった場合でも、支払われる上限金額は3000万円となります。

2つめの「後遺障害による損害」とは、逸失利益と慰謝料の2つを指します。これら2つの項目の合計額が後遺障害による損害となりますが、こちらも死亡による損害と同様に上限金額が定められており、4000万円を超えて支払われることはありません。

3つめの「傷害による損害」とは、治療関係費、文書料その他の費用、休業損害、慰謝料の4つを指します。これらの4つの項目の合計を傷害による損害として算定しますが、前述の2つの損害と同様に支払われる最高金額は決まっており、上限120万円までとなっています。