任意保険は加入しなければいけないの?

自賠責で十分対応できない可能性

自動車を保有する時には自賠責保険に加入しなければいけないとの法律があり、法律に違反すれば自動車の運転ができなくなるので注意が必要です。では自賠責保険ではどんな対応をしてくれるかですが、対人損害賠償に対する保険給付をしてくれます。事故の相手が亡くなったりけがをしたときにはその損害を補償するためのお金が必要ですが、亡くなったときには3千万円を保険として受け取り相手に補償ができます。ただ現実には相手が亡くなったときに3千万円の損害賠償で済まないケースが多く、超過分を自分の資産で払えなければ亡くなった人の遺族が非常に困るでしょう。事故の相手や遺族が困らないようにしっかり損害賠償するためにも入っておいた方が良いでしょう。

安全運転なら加入しなくていいか

保険は万が一に備える金融商品で、自動車保険は万が一自動車事故を起こしたときに助かります。自賠責保険と任意保険があり、任意保険は必ず加入する必要はありません。自分は安全運転を心掛けているので交通事故は起こさないと考える人の中には任意保険は必要ないと考える人もいるようです。自動車事故には運転者の不注意で起こるものもありますが、運転者が安全運転をしていても起こるものもあります。そして運転者が交通規則を守っていたとしても、少なからず過失があるとされて相手に損害賠償しないといけないときもあります。安全運転が必ずしも任意保険の不要性につながるわけではないので、万が一に備えて最低限でも加入しておいた方が良いでしょう。